2007年03月30日

サンフ対横浜FM戦プレビュー

週末はマリノス戦。
公式では「広島vs横浜 燃えよ!広島魂。」とかいって、横浜FCは無視ですか。

さて、週末の予想。

    榎本
  中澤  那須
栗原     田中裕
  松田  上野
清水 山瀬功 坂田
    鈴木  

 佐藤寿  ウェズレイ
  柏木  森崎浩
    青山
服部       駒野
 盛田 戸田 森崎和
    下田

マリノスも通算9勝1分22敗と勝てない相手のひとつ。
昨年の第10節ではモテナチオにも関わらず、終盤のパワープレイで押し切られて1-2の敗戦。

ところが、監督がミシャになった29節は3−0で快勝。
28節にセレッソとの直接対決に負けて嫌なムードだっただけに、この勝利のおかげで残留が確定したようなもの。
今年のマリノスは迷走してるみたいだし、去年と同じように勝って弾みをつけたい。

メンバー面ではナビスコでの浩司の様子が気がかりだが、公式発表がないところから大事には至らなかったようなので、フルメンバーで構成できそう。
ハンジェも復活したみたいなので、浩司がダメな場合はハンジェの起用もありうる。
アオも最近は疲れ気味。今週のU-22では出場機会がなく休めただろうから、今回は期待したい。

問題は崩壊の感すらある守備陣か。
個々の寄せが甘く、危ないポイントでフリーな選手がいる局面が失点に繋がっている。
DF3人に加えて、中盤の守備意識も高める必要がある。
早野監督はカウンターサッカーと迷走してるので、自滅も期待したい。

目標は2-0。寿人の50ゴール+ウェズレイの100ゴール!


posted by まる at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

サンフレッチェ広島対ジェフユナイテッド千葉

IMG_1360.jpg IMG_1363.jpg
■スタメン予想

気になるのはスタメン。
寿人と駒野がA代表。ハンジェが怪我。青山(U-22)、趙佑鎮、槙野、遊佐(3人ともU-20)も年代別代表で不在。
中国新聞によると、ウェズレイも今回は休ませる方針らしい。
駒野のバックアップになるハンジェがいなくて、趙も不在。
中国新聞ではダバツになってたけど、左が本職のダバツに右サイドができるのか。

ジェフも羽生、巻がA代表、水本、水野が年代別+A代表、青木が年代別代表だから似たようなものか。
前日のペルー戦では、寿人が出なかったから、寿人はスタメンかも。

結果は、代表で出場時間の短かった羽生と出場しなかった寿人はスタメン出場。巻も後半から。
そうなると、ウェズレイ、駒野が抜けてるサンフはきついなあ。


■ウェズレイ、駒野は偉大だった

前半早々、くわしんがゴール。
千葉が枠に当てて外したボールを拾って速攻。
うまくボールを受け取って、キーパーをかわしてゴール!
気分のいい入り方だったものの、その後がなかなか続かない。
千葉の守備網を崩せないから、ハーフライン前後でのパス回しが続く。

右サイドを使いたいところだが、ダバツが慎重に入りすぎて全然使えない。
戸田→ダバツへパス。ダバツ→戸田へバックパス。
戸田→右サイドのくわしんへパス。くわしん→ダバツへパス。ダバツ→くわしんへバックパス。
ダバツ仕事しろー!!!!

くわしんが深い位置に飛び出したりしてかく乱すればいいのに、くわしんもダバツの近くで待ってる。
おかげで右サイドが死んでる。守備はそこそこだが、攻撃参加しないから左サイドの負担が大きい。

中央突破もウェズレイがいないとやっぱり迫力不足。
平繁が頑張ってドリブル突破を狙ってたけど、ウェズレイ並を求めるのは酷というもの。
寿人がウェズレイの代わりに中央から左右のサイドへ流れる動きでDFを引きつけてから
クロスを上げてたけど、精度が低いからうまくつながらない。
寿人はボールをキープして攻めるよりは、パスを貰って一瞬の隙を突くタイプ。
魂のこもったランニングをしてても、寿人の良さが消えるから、今日はイマイチだった。

青山もいないおかげで、全体の運動量も少なめだし。
主力が3人抜けるとやっぱりきつい。


■ユース出身若手祭り

起用した以上はなかなか交代させないミシャも、さすがに右サイドの死に体は放置できず、てこ入れを図る。
前半終了間際に波状攻撃から一点失ったあと、後半15分にくわしん → 一誠の交代。
負傷交代の浩司 → 高萩の後に、さらに後半33分にダバツ → 田村の交代。
柏木、平繁、くわしん、一誠、高萩、田村と22才以下のユース出身の若手がずらりと。
これはユース若手祭りですか。
試合自体は1-2で負けてしまったものの、右サイドでは高萩、田村の愛媛コンビのコンビプレイも見れたし、個人的には満足。


■頑張れ、平繁

今日の最大の収穫は平繁。
最後の枠内に飛ばせば入るシュートを外したのは悔やまれるが、
それ以外はいい出来だった。
サンフには珍しいドリブラータイプで、囲まれたままドリブル突破とか、
3人に囲まれたままシュートを打つとか、見せ場を作ってた。
ちゃんと守備もするから、終盤の攻め手がもう一枚欲しいところで平繁の投入のオプションはアリだな。

挨拶では悔し泣きをしていたが、その悔しさを次に生かしてくれ。
posted by まる at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

サンフレッチェ広島対FC東京

   
■久しぶりの試合

やっぱりスタジアムはいいね。3ヶ月も観戦できないと試合に飢えてくる。
トルコキャンプでの話はいろいろ聞くけど、実際のところはどうなんだろ。

ワンチョペ、福西といった大型補強をしたFC東京と、
主力選手の残留が最大の補強という広島という対照的なチームの対決。
お金があればFW層を厚くしたいけど、赤字が続くチームとしてはしょうがないところ。
現有戦力でどこまで戦えるか。どこまでサンフは強くなったのか。
この試合でその一端が分かる。

さ、試合だ。


■綺麗なパス

去年に比べての最大の進化はパス。
鷹の目かと思えるほど、全体が良く見えてる。
左サイドの服部から、反対サイドの駒野のサイドチェンジを何回やったことか。
浩司とウェズレイには人が張りついてても、駒野にはついてないことが多い。
駒野はのびのびとプレーしてた。
また、追い越す動きも去年より進化していた。
柏木があちこちに出没し、パスの受け手として縦横無人に走り回る。
前へ後ろへパスを出し、空いてる選手を見つけたらサイドチェンジ。
相手を左右に振り回す綺麗なパス。

一点目、左サイドの服部がフリーの駒野にパス。
駒野が前線に出したマイナス気味のパスを柏木がスルー。
注意が柏木と駒野に向いていたDFを振り切った寿人がしっかり決めた。

二点目は超速攻。FC東京が前がかりになったところをカウンター。
やっぱり駒野からのパスを寿人がまたもや決める。

押せ押せムードの中の三点目は柏木から。
駒野が前を向かせてもらえないところを柏木が救出に。
駒野からボールを引き取った柏木がシュート。
これは惜しくもGKに弾かれるが、こぼれ球をウェズレイが押し込む。

ここまで押せ押せの試合はそうはない。
ゴール裏に流れる楽勝ムード。
FC東京サイドは葬式のように静まり返る。


■FC東京の逆襲

開幕でここまで一方的になるとFC東京にも火が入る。

後半開始直後、柏木が倒れて痛んでいる隙に攻める。
ルーカスがシュートを決めて一点返す。
サンフは抗議に注意が向かってディフェンスがおろそかになってしまった。
審判が流してるのに集中を切らすサンフが悪いとはいえ、ちょいと汚い。
それだけFC東京が必死ということか。

これにブチ切れたのがウェズレイ。
今日はイマイチ切れが悪いにも関らず発奮する。
失点後、下田からのキックを受けた寿人の速攻。
シュートはおしくもバーで弾かれるが、そこにウェズレイが詰めて4点目。

FC東京の得点で落ち込みかけた雰囲気を救ったのがこのゴール。
嫌なムードを弾き飛ばすいいタイミングのゴールだった。

次の失点は飛び道具。
馬場のFKをルーカスがピンポイントで頭に当ててゴール。
その後もFC東京の攻めは続く。
結構危ないシーンがあったようだが、平山の決定力の低さに助けられる。
平山がヨンセン並みパフォーマンスを出せたら違う展開になったろうに。


■ひ ら し げーーーー

後半40分、ウェズレイに代えて平繁の投入。
ウェズレイは風邪明けということもあり調子悪そうだったし、
実戦経験を積ませるにはいい場面ということでしょう。

ユースからの昇格後、即トップ出場!

ドリブル突破をかけたり、必死でボールを追ったり、
裏へ抜ける動きを見せたりと、時間が少ない割に結構アピールできた。
前俊を抜いて第三のFWになっちゃえ。

その後は得点も入らず4-2で終了。
俺たち強いんじゃね。


■おまけ

その1:柏木チャントの進化。
本日大活躍の柏木だが、微妙にチャントが進化してた。

いつものやつ :かしわぎ ドンドンドン かしわぎ ドンドンドン
新しいチャント:かしわぎ ようすけ(ドンドンドン) かしわぎ ようすけ(ドンドンドン)
手拍子にかぶせるように別パートでようすけを入れるように進化。
本人の希望どおり「ようすけ」がはいるようになりましたw

その2:寿人のお誕生日
寿人の誕生日がもうすぐだから、
スタジアム内でお誕生日おめでとうの色紙がまわされてた。
書いときゃよかったな。

その3:あれ?
帰宅してからスカパーのダイジェストを見てると、サポーターが画面に入ってる。
…よく見たら自分も映ってた。


posted by まる at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

サンフ対FC東京の予想

さあ、開幕です。

フォーメーションは予想するまでもなくいつものメンツでしょう。


  佐藤寿 猛犬
 浩司     柏木
服部        駒野
    青山
 盛田 戸田 和幸
    下田

猛犬の復帰が微妙かと思ったけど、前日練習を偵察したディープスロートからの報告によると、
特に問題はなさそうとのこと。

というわけで、今回は控えの予想。
木寺はガチとして、DFは吉弘、ダバツ、
MFは最近好調のくわしんと一誠、
FWがトルコキャンプで評価を上げた田村と、上野か?

上野の代わりに前俊というのもあるけど、現状のパフォーマンスはどちらが上なんだろう?
まあ、上野と前俊だと投入する場面が違うから田村のキャラクター次第か。
ハンジェは怪我があるから今回は見送りかな。

FC東京の通算戦績は5勝3敗4分と、サンフにしては珍しく勝ち越している相手。
去年の2試合はどちらも年間ベスト5に入るいい試合だったので、
今年もいい試合を見せてもらいたいところ。

高い位置から仕掛けてくるFC東京の攻めをどの程度しのげるか。
相手の足が止まり始める後半30分からの反攻まで同点で粘れるかが勝負。

さわやかヤクザVSそのまんまヤクザの対決とか、
ヒラヤマVSモリツァのエベレスト対決が個人的には気になる。

さ、明日は頑張って応援するぞ。
posted by まる at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。