2007年05月27日

サンフレッチェ広島対清水エスパルス

■さーて、本日のベンチは?
一番気になってたのが本日のベンチ。
ベンチスタートの平繁が出るとなると、控えFWの枠が一枚余る。

(1) ウェズレイが累積警告でいない
(2) 田村は怪我
(3) 上野よりはさすがに…

となるとベンチFWは俺たちの前俊でしょう。やっぱり。
わくわくしながら待ってたら、控えFWはゼロと発表が。
そうくるか。

平繁の代わりは、俺たちのおっさんことDF橋内。
DF枠なのに吉弘じゃなく橋内か。
頑張れ、前俊、吉弘。


■ひさびさの穴熊
ウェズレイ不在により攻撃のタメを作れないことと、
清水がポゼッションを重視することから、必然的に清水のボール支配率が高くなる。
清水はボールは持つが、中へ放る→はじかれる の繰り返しで、シュートまで持ち込めない。
サンフも防戦一方というわけではなく、チャンスがあればカウンターで攻めるが、
ロングパスを簡単にカットされたり、スペースに誰もいなかったりと思うように進められない。
なんか、小野監督時代の穴熊サッカーみたい。


■ミシャ仕様の攻撃
前半25分、駒野クロス → 寿人 頭で柏木の足元へ速いパス → 柏木 ダイレクトでシュート。
この流れは素晴らしかった。
少々甘いコースだったにしろ、弾いた西部のファインプレー。
ワンタッチでプレーを重要視するミシャらしい攻撃。

印象的だったのが、前半42分の清水の攻撃。
戸田のスライディングがかわされ、フェルナンジーニョにパスが通る。
フェルナンジーニョは森崎和と一対一。
森崎和をかわしてシュート、といった局面でボールをコントロールしきれず。
足元でこねてからシュート。
そのちょっとした時間のおかげで青山に間に合い、スライディングでシュートをブロック。
ワンタッチでプレイする重要さが垣間見えた。


■少しレベルが上がった?
最近イマイチなシーンの多かった森崎和。今日は浩司と共にいい調子。
前半7分の浩司の大きなクロスは、寿人がうまくさばければ一点もの。
森崎和も最近見られたボールウオッチャー傾向が減り、球際をアグレッシブに攻めていた。
その成果が前半30分、早い縦パスからの取り合いを盛田がとり損ねてからのピンチ。
岡崎が抜け出し、あわやキーパーと一対一という局面でカバー。
カバーしなければ一点ものだっただけに殊勲賞でしょう。


■あきらめない力
ヘッドで折り返した瞬間、西澤が一瞬フリーに。これを見逃さず西澤がシュート。
下田ブロック。倒れながら西澤がこぼれ球を再度シュート。弾く下田。
こぼれたボールをチョがダイレクトでシュート。
下田も構えるが、ボールは股間をすりぬけてゴールへ。
先制されて動きが悪くなるのがサンフの悪い癖の一つだけど、今日は違った。

清水が守りに入ったのを機に、火がついたようにアグレッシブに。
セカンドボールの奪取率があがり、俄然攻撃的に。
その象徴が得点につながった後半29分の戸田のミドル。
チーム全体が前へ進む意気があったから、リベロの戸田が前へ出れた。
コースを狙ったボールはゴールの左下隅に収まり、これで試合は振り出しに。

これで押せ押せモードになったサンフ。
さらに後半33分、服部のクロスから柏木のゴール右上隅を狙うシュート。
ニアにいた西部は届きようがなく、柏木の技ありというしかない、

結局、試合を通じてサンフが押していた時間はこの4分も含めて10分くらい。
60分くらいは清水が支配し、残り20分は五分五分といったところ。
勝てたのはあきらめない力と最後の一歩を寄せる守備力。
そして、数少ないチャンスをしっかり決める決定力。

3週間ほどお休みになるけど、この勢いを次節にもつないげるといいな。


■本日の余興
勝利試合の恒例となりつつある、槙野、柏木のパフォーマンス。
今回は犬マスク。矢のパフォーマンスではナビスコほど撃たれて倒れた人はいなかった模様。

次のパフォーマンスは槙野:側転→開脚。柏木:側転→バク転とみせかけて、でんぐり返り。
お前ら体操選手かよ!
こういうのはスタジアムで見たいな。



posted by まる at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

平繁がトゥーロン大会に選出!

yamanabicup070523_s2.JPG
U-20ワールドカップのプレ大会とも言えるトゥーロン大会。
この大会にサンフからは槙野、柏木、平繁が選出!!!

槙野、柏木はそれぞれDF、MFの要となっていたので、当確と踏んでいたけど、平繁が選出されるとは嬉しい限り。
ナビの2得点+柏戦の「もしかしたらファウルでなかったかもしれない」シュートという、U-20の枠に収まらないほどの活躍ぶりが世代を超えた選出のカギか。

選出時の発表はMFだけど、サンフでのポジションも前回の合宿の千葉戦でもFWとして起用されてる。
得意のドリブル突破で世界をあっといわせてもらいたい。
posted by まる at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

サンフレッチェ広島対ジェフユナイテッド市原・千葉

IMG_1798.jpg  IMG_1749.jpg

試合のデータとかはこちらで

■一匹の猛犬、11匹の犬を喰らう。
終わってみれば、ウェズレイショーというしかない試合。

一点目、ルーズボールの競り合いで奪ったボールを右サイドの寿人へ。
前半5分、寿人がドリブルで駆け上がりながら、ウェズレイへパス。
ジェフとしてはオフサイドを仕掛けようとしたGKとの隙間をウェズレイに抜かれる形になり、ちょっと遠いながらもキーパーと1対1。
やばいと感じたキーパーの立石が前に出てチェック。いったんはじくも、ペナルティエリア外でウェズレイが保持。
枠に飛びそうなセンタリングを上げたところで、DFの中島が手 を 伸 ば し て ゴ ー ル か ら か き 出 す
どこのバレーボール選手だ。お前は。
ウェズレイに抜かれたのが中島だったんだから、GKの代わりにウェズレイのチェックにいけば、GKは下がってキャッチできたろうに。

しかもかき出したボールは寿人が拾ってゴール!
…なのに、サンフのアドバンテージは認められず、中島のイエロー+PK。
流してくれりゃいいのに、とも思ったけど、後で確認したら、手でかき出した瞬間に笛が鳴ってたから、アドバンテージのとりようがないな。
キッカーはウェズレイ。立石が読み勝って弾くも、ボールはゴールネットを揺らす。

二点目はショートコーナーから。
前半23分、ウェズレイがいったん柏木に預けたボールを受け取り、シュート性のクロス。
グラウンダーのボールの方向を変えようと寿人が足を伸ばすが届かない。
水本の伸ばした足もわずかに届かず。
この二人がブラインドになったせいか、立石も触れず、股間をボールが抜けていく。
入るとは全然思えなかったが、これで二点目。

三点目はコンビプレイ。
前半36分、空いたスペースでボールを受けたウェズレイ。水本がルートを防ぐようにチェック。
そこで、池田と中島がついている寿人へパス。水本はボールを追いながら寿人につき、代わりに中島がウェズレイに体を向ける。
この瞬間、池田と中島の間にスペース、意識の双方に微妙な隙間が生まれる。
すかさず寿人が池田と中島の間のスペースへボールを折り返す。
ウェズレイが受け、キーパーと一対一。
後ろから追いついた池田がウェズレイを押すも、全く動ぜず、ファーサイドに意識が向いたキーパーをおちょくるようにニアへシュート。
これが決まりハットトリック。
ウェズレイが3本の矢を立て続けに放ち、倒れるサンフベンチ。
こういったパフォーマンスはいいね。

他にもキーパーが前へ出すぎてると感じたら70m超のロングシュートを撃ってみたり、この日のウェズレイは見ていて楽しかった。


■点差ほどではない実力差
見ていて感じたのは点差ほどではない実力差。
ジェフの選手はよく走る。
セカンドボールはよく拾われるし、パスも攻守の切り替えも早い。
前半23分に追加点が入ったため、かなり一方的なムードになったが、その前まではジェフの猛攻でいつか点が入れられるという雰囲気があった。
特に新居が胸トラップ一つで巻の前に転がしたパスは決定的で、パス一つで一対一まで持ち込んだ。下田が弾かなければ、試合は全く分からなくなってただろう。
他にもCKのボールを弾いたりとヒヤッとしたシーンはいくつかあった。

ただ、ミシャもよく言う二列目、三列目からの飛び出しは少ない。
3点取った後はサンフが引き気味に構えていたこともあり、DF陣を混乱させられない。
自然と横パスが増え、攻めさせられてる感じになる。
羽生が無駄走りで機会を作り、新居がなんとかシュートを撃つが、ゴールネットまでは届かない。
攻め手にあと一手足りない印象を受けた。


■堅固な守備陣、復活の予感。
この日は守備陣が大活躍。
完全に崩されたと感じたのは新居の胸トラップからのパス一本。
あの時は盛田と戸田がマークの受け渡しに失敗してた模様。
後で、戸田と盛田が話し合ってたし。
それ以外は、巻対盛田、新居対森崎和という構図を作り、どちらかが左右にずれたら戸田がマークを引き受けて対応していた。
後ろ目に守ったこともあり、守備の面では水野の一点のみ。
その一点も、水野と下田が接触後、ボールが運悪く水野に引っかかって残った感じだった。
確かにそれもケアできるといえばその通りだが、今までのアホみたいな守備陣のミスからの失点と比べるとはるかにマシ。
盛田は巻を完全に押さえ込んでたし。
少しずつ成長してる守備陣を感じた。


■ジェフのための涙雨
天気の良かった前半とはうって変わり、後半は風が強く、雲が集まり、天気が怪しくなってくる。
新居が受けたボールを羽生へパス。羽生がワンタッチで左にいた工藤に出し、そのまま上がる。
工藤がクロスを上げようとしたところで、盛田が羽生をケアすべく寄せる。
工藤、クロスを上げる。盛田、ボールへ走る。羽生、ボールにタイミングを合わせながらダイビングヘッド!
ガ ン
盛田と羽生、お互いの頭がぶつかる。倒れる両者。
盛田は比較的軽症で、すぐに○が出る。
羽生はしばらく動けない。スタジアムで見てたときはさっぱり見えなかったので、何やってんだという感じだったが、ビデオで見ると凄い…。
白目を向きうつ伏せになる。仰向けにさせると頭をガクガク振る。羽生を押さえつけるチームメイト。
タンカが寄るも、落ち着くまではタンカに乗せることすらできない。
そして、このアクシデントを悲しむかのように雨が降り、雷が鳴り始める。
羽生の退場を悼むかのような涙雨。
パスサッカーに雨は厳しい。
次第に雨足を強くしながら、攻めきれないジェフの動きを鈍くしていく。
そのまま試合は動かず、試合終了。
最後のロスタイムは短かった気もしたが、あの豪雨では試合中断もやむなしだから審判の判断があったのだろう。

■悲喜こもごものサポーター
IMG_1785.jpg  IMG_1788.jpg
サンフサポは前節の横浜戦の後ということもあり、大喜び。
何人ものサポーターが上半身裸となり、雨の中で勝利の歌を歌い続ける。
帰り支度を始めるサンフサポを尻目に、ほとんど動かないジェフサポーター。
怖 い
無言のプレッシャーをひしひしと感じる。
雨がやむのをスタジアムで待っていると、サポーターの間から「社長出せ」のコールが。
職員らしき人物が出てきて対応するも、「社長出せ」コールはやまず、前後策を考えるためか職員が戻っていく。
このあたりで帰ってしまったので、その後の顛末は分からなかったが、どうも補強を約束して解散となったようだ。
IMG_1796.jpg
水曜日にはナビスコ決勝リーグ行きをかけた再度の対決が待っている。
どこまで今日の課題を克服してきているか、楽しみでもあり、怖くもある。


posted by まる at 16:00| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

サンフレッチェ広島対横浜FC

■壊れた試合
あんまり語りたくもない試合になってしまったけど、いくつか気になった点があった。

戸田の失点は言うに及ばずだし、本人も反省してるのでまだ同情できる。
問題は森崎和幸。
以前からずっと気になってるが、ボールウオッチャーになりすぎ。
カズのGKの頭上を越すシュートは上手かったが、問題はその前。
難波と競った後のこぼれ球も拾えず、カズにも追いつけない。
拾えなかったとしても、FWに寄せてマトモなシュートを撃たせないのがDFの役割。
チンタラ追いかけてたら綺麗なシュートを撃たれるのも必然。

26歳が40歳に走り負けていいのかよ!
タチの悪いことに自分の責任と感じてないようだし。
まったく。


■引いた相手にどう攻めるか
望月監督時代のモテナチオを思い出すかのような超守備的な布陣。
この布陣をどう崩すかがサンフの課題だった。

2トップには常にDFが2枚ついてたので、リーグ最強クラスの2トップといえど崩すのは厳しい。
そうなるとミドル…と言いたくなるが、こちらもペナルティエリア内の人数が多すぎて
シュートを撃ってもDFに当たってはねかえさえる。
MF陣+平繁の攻撃も横浜FCのDFにケアされて、突破口を見出せない。
で、完封されたわけだけど、実は盛田の攻撃参加が突破口になりえたのでは?

盛田は「利き足は頭」と答えるぐらいヘディングにこだわりがある。
一方でサンフの攻撃陣には高いヘディングが得意な選手がいない。
そこで、盛田をターゲットにしてボールを放り込んで、ポストプレイに期待するというのが
カードの一つとなりうる。
盛田をターゲットにすることで、盛田へクロス→スルー →走りこんで寿人がシュート、というオプションも作れるし。

ゴール前が密集してるようだったら、戸田よりも盛田じゃないでしょうか。

posted by まる at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

サンフレッチェ広島対大分トリニータ

■アオ、ナイス。
今日の立ち上がりはなかなか。
立ち上がり間際に戸田が抜かれかけるシーンがあったものの、
そこはしっかりケアして大事にはいたらず。

大宮戦と比べると中盤のボール廻しも順調。
前回は細切れにボールを奪われてたので見ていて気持ちいい。
かなり押し気味で進めながらも、大分が守備をしっかりしているため、突破口をいまいち見出せない。
ここはミドルが有効か、と思い始めた前半34分、青山が強烈なミドル。
西川がなんとか弾くも、ゴールゲッターの寿人がその隙を見逃すはずもない。
こぼれ球を拾い、コースを狙ってシュート!
西川が頑張って反応するも、手は届かず、ボールはゴールに吸い込まれる。
これで1-0。
ここからは一気にサンフペース。


■?
ところが、前半37分、大分のバックパスを寿人が奪取。
ワンタッチで前線に送ったところで、何故かホイッスル。
審判のアピールをみるとオフサイドの模様。
どこが?
相手DFは3人いたし、前に出たウェズレイは一番後ろのラインを追い越してないのに。


■??
後半20分、お互いに中盤が効かなくなってきて、お互いのゴール前で戦う展開。
そんななかで大分がCKをゲット。
クロスが上がってきたところで、金崎がきっちり合わせて同点。
深谷が囮になって金崎が空いたのは分からなくもないが、
なんで、金崎に合わせて誰も飛んでいない。
DFが5人固まっていて、なぜ3人を対処できない。
ビデオで見返したら森崎和が一人余って、ボーっと見てる。
また、ボールウオッチャーかよ!


■???
そして運命の後半37分、ウェズレイの突破を三木がスライディング。
ウェズレイが倒れたところで審判が駆け寄る。
カードの相手は…なんと横で見てた藤田!!!!
三木が貰うならまだしも、藤田が貰うのは意味不明。
藤田は接触すらしていない。
しかも藤田は、この試合二枚目のイエローだから退場。
当然のことながら大分は猛抗議。
しかし、いったん出た判定は覆ることがなく、退場は退場。
これで大分は10人で戦う羽目に。
PKはウェズレイがきっちり決めて2-1。

その後は大分が攻めるも人数が足りないことも響き、追いつけずに試合終了。


各チームとも理不尽な判定をくらう試合というのはあるけど、
今日の判定は飛びぬけておかしい。
勝つには勝ったが、気持ち悪い後味の残った試合だった。
posted by まる at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

サンフレッチェ広島対大宮アルディージャ

■スカパー!導入
引越しをしたこともあり、スカパー!を導入してみました。
これでJリーグは全試合レポート可能に!
やっぱ、試合が見れるのはいいね。


■戦前予想
大宮は下から二番目なれど、守備は大きく崩れていない。
問題なのは攻撃陣で、12試合で8点の得点。ナビスコを除くと8試合で4点まで落ちる。
攻撃を0点に押さえて、しっかり得点するのが課題…と考えてたけど、さてどうなることやら。


■つながらない中盤、気を吐く浩司
今日の中盤は運動量が少なく、いまいち寄せが甘い。
おかげでルーズボールを大宮に奪われること奪われること。
前回の磐田戦に懲りて守備的になってる。
また、パスミスも多く、思うように攻撃のリズムを作れない。
そんな中でも前半は浩司の出来がよく、プレスをかけたり、ボールを奪取して前線に運んだり、
シュートを撃ったりとなかなかの活躍。
ゴールすればよかったんだけどね。


■一瞬の攻防
前半終了前の40分、磐田戦と同じようなクロスをあっさりと上げられ、ダバツが読み誤ってクロスに合わない。
服部がフォローに入るが間に合わず、ファーサイドで構えてた小林慶行が走りこんできっちり決める。
失点から流れが大宮ペースになりかけたところで、駒野。
失点直後の42分、右サイドからゆるめのクロスをピンポイントで上げて、寿人がマークを外してニアに走りこむ。
頭できっちり合わせてファーサイドのネットをゆらす。
これで同点。
流れも五分五分に引き戻す。


■若手の台頭
後半はダバツが負傷退場。代わりに盛田が入る。
後半は前半よりも引き気味になり、運動量も落ちる。
ポゼッションを取られるも守備を固めて、点をなんとか取られない。
途中交代した橋本がペナルティエリア内でフリーでボールを持つも、ドリブルしようとしたために奪われる。
素直にシュートしときゃ入ったかもしれないのに。

そうしてるうちに、ウェズレイと柏木を高柳と平繁に交代。
二人替えとは珍しい。週二回開催による疲労蓄積を考慮してのことか。
今までのミシャは替えになる選手がいないという理由からあまり選手交代をしなかったけど、
今日は3枚の交代カードを65分で全部使い切る。
控え選手が計算できるくらい台頭してきたということか。
実際、高柳の出来はよく、青山とダブルボランチとなってよく防いでた。
平繁は…もうちょっと頑張りましょう。


■執念の勝利
試合は大宮ペースのまま進むが、大宮も得点しきれない。
このまま試合終了と思われたロスタイム。
最後の攻撃と気合を入れてきた攻撃をなんとかしのいで駒野がボールを奪取。
そのままドリブルで持ち上がり、左足でミドルシュート!
キーパーがなんとか反応して、おしくもポストで弾かれる。
しかし…弾かれたボールは駒野の目の前に!
右足できっちり決めて逆転。
これで試合終了。

ロスタイムの同点でいいという大宮の雰囲気と、
なんとしても勝つという執念を持っていたサンフの違いか。
駒野はロスタイムで似たようなシュートを何回か外していたため、やっと…という感もある。
内容は悪かったけど、勝ち点3をホームでゲットできたのは大きい。
この流れを次節にもつなげてほしい。
posted by まる at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。