2007年12月30日

サンフレッチェ広島対ガンバ大阪

前半30秒。ストヤノフからボールを受け取る浩司。寿人と一瞬目が合う。練習でやったいつもの動き。
浩司の出したロングパスは自陣の最終ラインから一気にガンバの最終ラインの裏へ抜けた寿人へ通る。
これでGKと一対一。寿人はキーパーの頭上を越す柔かいボールを放つ。
ボールは無人のゴールへ吸い込まれ、先制。

これがすべてと言えるような試合だった。

この一点がガンバに重くのしかかった。
前半、ガンバの形が出来上がらない間に良い攻めを何度も見せ、前半38分には難しいボールを平繁が決めて2-0へ。
その直後にバレーをフリーにして失点したものの、前半は2-1で折り返す。

後半、寺田、家長、前田とガンバは次々と攻撃的な選手を送り出してきたが、サンフはカウンターを中心とした戦術に移行しており、ガンバはペナルティエリアへ容易に侵入できない。
そのまま時間だけが過ぎていき、時間稼ぎに焦れてきたロスタイム。寿人へのチェックにDF2人がつき、中央が薄くなる。
このチャンスを寿人が見逃さず、外へ逃げると思わせて、広大なスペースの空いている中央へパス。
陽介がこのパスを受け、高萩→高柳へとパス。高柳がこれを決め、3-1と突き放し、国立への切符を確実なものにした。

この時点で試合はまだ終わってなかったが、サポーターは大挙として最前列へつめかけ、勝利の喜びに震えた。


2-0からロスタイムに2-2まで追いつかれた千葉戦の悪夢があったので、今回も高柳のゴールが決まるまではハラハラもんでした。

以前に比べて格段に守備力が向上しているのは、森崎和をMFへ戻したのが原因のようです。
森崎和がDFとしての経験を積んだことで、DFラインにスムーズに吸収されるようになって、
盛田-ストヤノフ(戸田)-森崎和-槙野の4バックみたいな形になったり、
誰かが前線に上がった際のカバーリングを精力的にこなしてた。
守備面以外にも、オーバーラップするメンバーが流動的になるという効果もあり、ガンバDF陣の混乱を誘っていたようにも見えた。

鹿島が決勝の相手に決まったことで、7000万(天皇杯準優勝 5000万+Xerox 2000万)は確定です。
さあ、もう一勝して優勝賞金1億円をゲットするぞ!


posted by まる at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

天皇杯応援バスツアー@エコパ参加への顛末

SANFRECCE Supporters' Blog天皇杯応援バスツアー@エコパに参加しようか迷っていたところ。
大掃除手伝って、余った食材消費して、年賀状書いて、帰省の準備して…やることいっぱいあるな。
そうは言っても、サンフがベスト4まで残るなんてそうはないことだし、歴史的な瞬間に立ちあえる数少ないチャンスでもあるんだよな。

よし、ここは運命に従うことにしよう。
後ろにかかってる時計の秒針が30までなら…参加する。
30を越えてたら…家事を手伝う。

えいっ。


あ、メガネ外してたから秒針が読めない!


…悩みを見ていた嫁のコメント
「秒針がちょうど30になる直前に振り返ってたよ。アホだね」
というわけでバスツアーに参加することにしました。
当日は死ぬ気で応援してきます。
posted by まる at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

今週の契約更改情報

ネタ元は中国新聞とサンフ携帯サイトより。

名前残留確率交渉日契約額
下田9512月11日
服部12月11日
寿人8012月11日
森崎和6012月11日
森崎浩8012月11日
柏木3012月12日
木寺9512月12日
駒野5012月12日
戸田9512月12日
盛田10012月12日1100
高萩6012月13日
高柳8012月13日
ハンジェ8012月13日
平繁10012月13日660
槙野9512月13日
吉弘8012月13日
青山12月14日
桑田9012月14日
橋内10012月14日480
遊佐
ストヤノフ80
ダバツ
契約終了選手
ウェズレイ0退団
入船0→ 徳島
ウジン0→ 岐阜?
河野0→ 岐阜?
田村0→ 岐阜?
中尾0→ 岐阜?
レンタル中の選手
佐藤昭
西河
前田
森脇


日本人選手では遊佐だけが交渉が終わってないが、他の選手は一巡した感じ。
本当は青山の後に遊佐と交渉する予定だったのが、青山の交渉が長引いてできなかったのかも。

契約の雑感
・服部と青山は降格のショックが大きすぎて移籍に関する情報量が少なかったので、?の評価。
・森崎和は留保だけどいつものパターンにも見える。「言葉ではなく形で示してほしい」ってなあ。まったく。
・入船解雇→徳島って、西河を引き戻すつもりなんだろうか。
・柏木は、まあ…としても、駒野は微妙なところか。Jリーグ内で移籍してしまうと、すぐ欧州へ移籍は難しくなるし。J2にいて代表に呼ばれる、欧州からオファーが来るかは微妙だろう。Jリーグ内のチームにはそれほど興味もなさそうだし、嫁さんも広島出身なんだから残ればいいのに。

個別のコメントはサンフの携帯サイトをみていただくとして、全体的な論調はこんな感じか。
・給与以外の待遇面についても考えてほしい。移動とか(下田、寿人)、食事とか(駒野)
・ミシャは信頼できるし人間的にもよい監督。ただし、降格危機のせいでベテラン頼みとなってしまった(ハンジェ、高萩)。試合に出れない選手に声をかけてくれる(高柳)。この1年でレベルアップした実感がある(吉弘)。この監督と一緒にやりたい(青山、柏木、森崎浩)。

久保会長がスポンサー収入を増やすべく東奔西走してくれてるおかげで、1年で戻れるだけの戦力になりそうな気がしてきた。
久保会長、ありがとう。
posted by まる at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

スポニチが偏ってる

偏向報道とはこういうのをいうのか。

中国新聞:サンフレ契約更改 J1復帰へ体制整備を 佐藤ら要望
Jリーグ2部(J2)への降格が決まった広島の契約更改交渉が10日、広島市西区の球団事務所で始まり、5人が契約更改に臨んだ。球団は選手の引き留めを始め、織田秀和強化部長は「全員残す」と明言。球団の金額提示に対し、選手たちは1部(J1)復帰への来季の体制づくりなど「クラブのビジョンを明確にしてほしい」と相次いで要望した。
……DF森崎和幸は「世界中で降格させた監督が残るのは、おかしいかもしれない。でも、自分は人間として信頼している」と話す。
……MF駒野友一は練習後、「まだ、分からない」とした上で「代表はチームで活躍してこそ。監督のサッカーは面白い。プレーを変えてくれた人」と、揺れる思いを明かした。
……選手会長のFW佐藤寿人は「今いる選手が同じ気持ちで戦えることが大切」と厳しい来季に向け、遠征時の負担軽減など環境整備や補強についても主張した。

スポニチ:佐藤寿 戦力維持不可能なら移籍も
 J2降格が決まった広島のFW佐藤寿人(25)が10日、チーム残留の“条件”をクラブ側に突きつけた。この日始まった契約更改交渉の席で「J2は甘くない。このメンバーで戦える、という確信がないと(残留は)厳しい」と、戦力維持をクラブ側に訴えた。

 入れ替え戦第2戦の直後、佐藤は「このメンバーで絶対J1に帰ってくる」とサポーターに宣言。だが、この日になって「そうは言っても僕1人では戦えない。選手がほとんど抜けず、1年で復帰した京都が理想」と“最低条件”を追加。MF駒野、MF柏木も「じっくり考えたい」と態度を保留した。

 織田強化部長は「J2である以上、J1レギュラー級の獲得は難しい。現有戦力の維持と底上げがベースとなる」と説明した。だがこの日、DF入船、GK河野、FW田村、FW趙佑鎮(チョ・ウジン)、DF中尾の5選手が戦力外通告を受けるなど、クラブはリストラに着手。現有戦力の底上げは容易ではなく、今後のクラブ側の対応次第では主力選手の大量流失を招く可能性も出てきた。

中国新聞のコメントを読む限りだと、寿人は残留を前提とした会話をしてるのに、「チーム残留の“条件”」を勝手に追加するわ。駒野のコメントも全文を載せず中立にしてしまうし。
戦力外通告の5人は控えにも入れなかったメンバー。今年は解雇人数が多いようにも感じるが、毎年どこのクラブでもやってることを改めてネガティブイメージを上げるために書く。
最後の「今後のクラブ側の対応次第では主力選手の大量流失を招く可能性も出てきた」にしたって、この記事でいまさら書く内容でもない。主力流失に関しては記事内の選手発言は中立でしかない。記事全体に移籍イメージをつけるがために追加している文章。


スポーツ新聞に限らずメディアがどこかに偏ってるのは分かってること。
気をつけるのは、
・複数のニュースソースから情報を入手し一次情報源になるべく近づく
・記事内の客観的事実と、記者の主観を分離して読む
てことだよなと、しみじみ実感した。

ま、中国新聞自体も残留に好意的に書いてる可能性が高いので、そのまま信用できないけどね。
posted by まる at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

ミシャを続投させる4つの理由

J2に落ちることになった我らがサンフですが、久保社長の英断によりミシャが監督を続投することに。
監督を交代する方が周囲からの批判も少なく簡単なのに、あえて茨の道を進む久保社長。

個人的にはミシャ続投が決まって来年も頑張って応援しようと決めました。
ミシャを推す理由は何か。


(1) 証明済みの育成能力
柏木、青山、槙野、平繁らは元の才能があったにしろ、あのスピードで才能を開花できたのはミシャの影響抜きには考えられない。
また、代表へ送りこんだ実績もある。

A代表、五輪代表経験者(『』はその時点での召集)
ミシャ加入前
 A代表:『寿人』、『駒野』、下田、小村、戸田
 U-23:森崎浩、池田

現在
 A代表:下田、『寿人』、『駒野』、戸田
 U-23:『柏木』、『青山』、森崎浩

2人→4人と倍増しているうえに、駒野、柏木はチームの中心として活躍している。
他にも、槙野、桑田、平繁、高柳の定着にも成功しており、強力なユースを持つサンフとは相性がいい。
これだけでフロントが残留へ揺れる理由が分かる。


(2) 選手引止め策の一環
選手達からも慕われており、先日の京都戦前にも「残留が決まったら是非この監督でやりたい」というコメントもあるぐらい。
選手も人間。自分たちのせいで降格した監督が来期も指揮を執るというのであれば、
育ててくれた恩に感じて、残留を表明してくれるかもしれない。
J2で戦うにあたり戦力の流出を少しでも防ぎたいところ。


(3) J1昇格後への布石
J2で戦うにはミシャのサッカーは相性が悪い。
だからといって監督を代えて、カウンターサッカーを指向したとして、後に何が続くのか。
主力は流出し、カウンターサッカーで昇格してもJ1で戦える戦力とならず、翌年に降格。
京都、福岡と同様にJ1とJ2を往復するチームになる可能性が高い。
それよりは一年なら博打を打っても面白いと思う。


(4) 観ていて楽しいサッカー
現代の「強い」サッカーの一つがカウンターサッカーなのは間違いない。
浦和は、守備に人数を割き、しっかりと守ってからカウンターの一発を狙う。
相手が前がかりになったところを個の力で突破し、一点を決めて守るサッカー。
勝てなかったとしても、堅い守備で引き分けを計算できる。
それが観ていて楽しいか。
しかも、FWの力が足りなければ、引き分けしか取れない試合が続いてしまう。
そんなサッカーよりは、ミシャの標榜する美しいパスワークからの崩しを見たい。


以上がミシャの続投を希望する理由だけど、いくつか要望も挙げたい。

(a) 硬直化した選手起用の見直し
第1戦の京都戦のように、ダメな選手は前半でさっさと見切りをつけてほしい。
また、レギュラー陣が不調なら、チーム内競争を加速させるために、もう少し控え選手を起用してほしい。
ミシャは、勝負がかかってる試合でも、90分選手交代なしか、70分過ぎの二つしかパターンがないのが残念。


(b) 4バック、または2ボランチへの移行
攻撃に力を入れているのに点が取れないのが問題なのか、守備が悪いのかは議論の余地があるとは思う。
個人的には、攻撃で点を取るには運も必要と感じる。
計算だけで点が取れるのなら、京都戦の2戦目は前半で1点、後半30分以降で1点は取れてることになる。
中盤を2ボランチにするか、4バックにするかして、後ろのメンバーを増やしてほしい。
特に相手が引いて守りがちなJ2では必須。
闘莉王のように上がって相手DFのマークを混乱させるほうが、効率的だし。


(c) 汗かき役の起用
昔の柏木が担当していたような、中盤の汗かき役はミシャサッカーには必須。
シーズン終盤のように全員が走らないと、ミシャサッカーは行き詰る宿命にある。
最近は柏木が偉くなって走らなくなったので、潰れるぐらいの勢いで走るハンジェなんかが代役には適任。


いざとなったら第1シーズンまでで選手の残留と勝ち星だけ稼いで、第2シーズン以降は監督を代えて頑張るしかないよな。
posted by まる at 01:25| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

サンフレッチェ広島対ガンバ大阪

■入れ替え戦は確定だけど…
入れ替え戦は99%確定のため、主力の温存と若手の抜擢のため、大幅にメンバーを入れ替え。

戸田:出場停止
森崎和:出場停止
ストヤノフ:出場停止
ウェズレイ:右脚痛
桑田:大腿二頭筋肉離れ(全治3週間)
青山:五輪最終予戦で負傷(全治2ヶ月)

層の薄いチームでこれだけメンバーが抜けるとさすがにキツイ。
代わりにDF:盛田、吉弘、MF:高萩、ハンジェが入ることに。


■カウンターといつもの失点
前半7分、に押されてる形からカウンターが発動。高萩のDFラインの裏ギリギリのパスから、駒野-ハンジェ-駒野とワンツーに繋げ、駒野が絶好のクロスを配球。そこをファーで待ち構えていた寿人がヘッドで決めて先制。
久しぶりにいい崩しからの得点を見た気がする。
その後は、ガンバを必要以上にリスペクトしてしまったせいか、ラインを深く取りすぎる。おかげでゴール前に人が密集するわ、クロスは上げられまくるわといいところなし。こりゃ崩されるなと思ってみてたら案の定。27分にゴール前でバレーにマークを振り切られてしまい、一対一に持ち込まれて同点に。


■控えメンバー、活躍
そんな中でもハンジェ、高萩は精力的に走り回っていた。昔の陽介がそうだったように、スタミナが切れる勢いでプレスをかけたり、空いたスペースを埋めたり、裏のスペースへ抜け出すといった地道な作業を繰り返す。
後半には、駒野、服部、寿人を、陽介、浩司、遊佐に交代。浩司はいつものポジションとして、服部の代わりに遊佐が、駒野の交代で空いた右サイドにはハンジェが、ハンジェのポジションに陽介が入り、平繁1トップの3シャドーに変形。

前半も運動量があったが、後半もその勢いが継続する。
普段なら、最終ラインからMFへボールをつなぐところで苦労し、陽介、浩司のポジションでチャレンジングなパスをして簡単にボールを失ってしまうプレーが多い。今日は違った。日ごろからミシャが言っている、少ないタッチでの細かいパスワークが復活。ボールの動きが普段より早い。詰まればすぐに後ろに戻し、後ろからサイドを変えたり、前を向けるパスを出す。もらった方もすぐに次のパスを出す。スペースが空いているようならドリブルで仕掛ける。
そう。見たかったのは最近のサッカーじゃなくて、こういうサッカーなんだ。
リーグ3位のガンバに対し、高萩がGKと1対1の局面で決めてたら勝てた、というぐらい互角以上に打ち合っていた。


■どうした、下田
今日の下田はいいとこなし。
全体的に反応が遅いとは思っていたが、相手に決定機を渡してみたり、ミスキックを連発したりといいとこなし。80分の二川のミドルはいいシュートかもしれないけど、反応すらできないのはひどい。これで勝利どころか1-2に。


■槙野、意地のゴール
このまま試合が終わるかに見えたロスタイム。素晴らしいパスワークからCKをゲット。
時間的にもほぼ最後のプレー。最近はCKの決定率が異様に低かったので、これで敗戦かと半ば覚悟を決めていた。
キッカーは陽介。蹴ったボールはピタリと槙野に合い、槙野が押し込み同点に。
ガンバは急いでリスタートするが、これで試合終了。

下田の不調は気になるけど、最近の試合の中ではずば抜けていい試合だった。
久しぶりに見てて楽しいサッカーを見せてもらった。
これを水曜日にもつなげてほしい。
posted by まる at 06:55| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。