2008年05月04日

サンフレッチェ広島対モンテディオ山形

試合の詳細はこちら

■これで3連勝
勝てて、気持ちいいです(槙野智章)
豊田、リチェーリ、宮崎らの主力がいない山形の狙いは明確だった。
「引いて守る」

前半は山形にがっちりと守備を固められ、山形のカウンターはことごとく潰すものの、決定機をほとんど作れない。サンフはいつものとおり、右サイド、左サイドと大きくサイドチェンジを繰り返しながら攻めるが、山形も人数をかけて守備しているだけあって守備の形が崩れない。サンフとしても攻撃の形を作らせず、ポゼッションを高めて相手を走り回らせることには成功したので、お互いのゲームプランどおりの展開となった。
後半になり、山形がプレスをかけるように戦術を変更。サンフも前線でまわしていたパスを捨て、少ない手数でクロスを上げる戦術に変更。山形は攻撃にシフトチェンジするべく53分から65分にかけて一気に3人の選手を交代。この作戦が運の尽きだったか、66分、レオナルドが最終ラインでこねていたボールを槙野が奪取。槙野はすぐさま平繁にパスを送り、自身は平繁がドリブルしやすいレオナルドをブロック。平繁がドリブルから放ったシュートは惜しくもキーパーに弾かれるものの、ボールはゴール正面に張っていた寿人のもとへ。寿人が冷静にゴール右隅へ決めて先制。

山形としては攻めて取り返したいところだったが、宮崎がいないと前線でドリブル仕掛けられる選手が北村しかいない。北村はサイドにもっていってコーナーやスローインを取っていたが、その北村も既にいない。高いボールを前線に配球してもサンフのCB陣にことごとく弾き返される。坂井も期待されていたパフォーマンスを発揮できず、山形はシュート2本、どちらも枠外のミドルシュートしか撃てなかった。
それどころか、ハンジェのシュートがキーパー正面に飛んだり、中央で張っていたユキッチがフリーでもらったシュートを外すなど決定力の低さに助けられたフシがあった。

■相手の戦術を打ち砕いての勝利
相手は、ウチに対して何かしら対策をとってくる、それに対して、こちらがしっかりと対応して、結果を出していければいい。こういう戦術で闘われると勝てないというのであれば、シーズンを通して戦うことは難しくなる(佐藤寿人)
キーマンは高萩、森崎浩の2シャドー。2シャドーは2ボランチでケアをする。決定力を持つ寿人には4バックの2人がかりでマーク。
J2最強クラスの攻撃力を持つサンフに対して意図的に守備的な戦術をとる。
今までの対戦相手はストヤノフからのロングパスがポイントとみて、前線から積極的なプレスをかけてきた。しかし、甲府以外はプレスの裏を狙ったプレーに失点を重ねてきた。
その反省とチームの現状を考えて山形は勝ち点1を狙ったゲームプランを立ててきた。
プランどおりに勝ち点1を奪われてしまうと、他のチームも第2クール以降はこの戦術を取ってくる可能性が高い。降格のないJ2なら勝ち点3を狙って負けるより、強豪相手に勝ち点1を稼ぐのが正しい選択となる。
サンフとしては引いて守る戦術が通用しないことを証明しなければならなかった。

結果として、勝ち点3を奪うことで引いて守る戦術もリスクが高いことを証明してみせた。
得点以外にも決定機を何本か作ることで、このデキが偶然ではなく下手すると大量失点につながると他チームに警告を与えた。
寿人のいうとおり、苦手な戦術がないということを証明できたことが、この試合の最大のポイントだったと思う。
次は今節お休みだった仙台。GW4連戦の最後のシメを勝利で飾ってほしい。


posted by まる at 01:39| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

サンフレッチェ広島対徳島ヴォルティス

試合の詳細はこちら

■余裕の貫録勝ち
試合は、前半15分に決着した。
森崎浩が前半9分にゴール前の混戦エリアからドリブルで抜け出してシュートを決めて先制。
続く10分には青山からのピンポイントクロスを寿人が決めて2点目。
12分のコーナーキックでは森脇のマークミスから西河に強烈なヘディングを決めて1点返されるも、14分には寿人がボールとDFを集めたところで、服部→森崎浩とつなぎ、フリーの森崎浩が3点目を決める。

前半の残りは中盤のつぶしあい。後半は9分にドゥンビアのループシュートが枠外に飛んだり、石田のミドルがあったりしたものの、総じてサンフペース。
ミシャの「しっかりとコントロールして進めよう」というコメントどおり。勝者のサッカーを展開するサンフ。リスクをとらないパスをまわしながら徳島のスキをうかがう。徳島はプレスをかけないとボール回しで時間をつぶされ、かといってプレスをかけると裏のスペースを狙われる。サンフの長短織り交ぜたパスにボールを奪えない。
結局、後半41分の寿人のスーパープレーがトドメをさして試合終了。
これも全員が献身的に走ってルーズボールを支配した結果。連携不足が目立ったり、「戦う姿勢で相手を上回らないといけない」と森崎和にコメントを入れられた前節とはえらい違いだな。

■寿人、大活躍
お立ち台には森崎浩が立ったものの、個人的な今節のヒーローは寿人以外にいない。
4得点中3得点に絡んでるし、2点目も4点目も寿人らしさのあふれるプレーだった。

2点目は青山の寿人へのDFの裏へ抜けるピンポイントのクロス。DFの裏へ抜けた寿人はボールに向けてスライディング。落下地点でボールの向きを変え、ゴールの左隅へ流しこむ。センターライン付近からDFとGKの間に寿人が届くギリギリの位置へクロスを配球する青山もすごいけど、それをワンタッチで決める寿人の技術に鳥肌が立つ。

3点目の森崎浩のゴールにしても寿人のつぶれ役としての活躍が効いている。
PA内でゴールに背を向けた状態でDF2人を相手にキープ。さらにフォローをかけるべくDFがつめよったところで服部へパスをまわし、走りこんできた森崎浩へパス。DFが寿人、服部へ集中してたおかげで森崎浩は完全にフリー。ここで得点につながるシュートを撃てるようになった森崎浩も褒めるべきだけど、フリーになれたのは寿人、服部のおかげ。

4点目もまたすごい。
これも寿人へのロングパス。DFが前後に一枚ずついるので、足元でもたついていると確実につぶされる。そこで、勢いのあるボールを頭でトラップし、ゴールに背を向けたまま倒れこみながらボレー。DFと寿人の作る死角のせいでキーパーの反応が一瞬だけ遅れる。動けないキーパーの横をすりぬけ、ボールはゴールネットの抱擁を受ける。寿人によると「ゴールは見えてなかった」のに、よくあんなシュートを撃てるものだと感心するほかない。

今回はFWとしての格の違いをみせた一戦だった。

■森脇、西河にしてやられる
今節は完封が目標だったが、西河のヘディングにしてやられた。
セットプレーは一瞬のスキが失点につながる。森脇のミスはまさに一瞬の判断ミスをつかれた格好になった。森脇はゴールから少し離れた位置で西河とマッチアップしていた。クロスの直後にボールに向けて飛び出す西河。ゴールへのコースは切っておかないといけないが、その場でのヘディングを警戒するあまりか飛び出しへの反応が遅れる。後ろからユニフォームを掴んででも止めようとするが、それすら振り切られ、勢いのあるいいヘディングを決められてしまう。森脇は去年まで愛媛でプレーしてたから、クセを西河に研究されてたんだろうな。

■よりいっそうの攻撃力増加のために
今後、さらなる高みを目指すには右サイドの覚醒が必要となる。
最近の右サイドはチーム事情からハンジェがプレーしているが、サイドプレーヤーとして合格点とはいいづらい。ハンジェがサイドの深い位置でプレーしないのは、逆サイドの服部が深い位置でプレーするせいかもしれない。ただ、森崎浩がワンツーで折り返そうとしたらその場に残っていたりとか、寿人がDFの裏へぬける絶妙のショートパスを出してるのに反応しないなど、連携不足が目立った。
ミシャのいうとおり「大切なことはみんなが同じアイデアでプレーすること」だ。ハンジェの闘志と運動量は評価できるけど、あと一歩の物足りなさを感じる。このままだと盛田が帰ってきたら森脇にポジションを奪われるぞ。

■選手層の厚さからくるアドバンテージ
今節は平繁、柏木を先発させず、かわりに青山、森崎兄弟、高萩で中盤を構成した。後半は柏木、高柳、平繁を出し、かわりに高萩と森崎兄弟に休養を与えた。これで選手の負荷を減らして次節もベストメンバーで戦えれば、相対的に疲労の残る他のチームより有利に戦える。
次節は山形戦。引いて守る相手をどう崩すかが課題になりそうだ。
posted by まる at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。