2008年10月26日

サンフレッチェ広島対サガン鳥栖

■1-0の勝利か、0-5の敗戦
飯尾だったと思うけど、戦前に鳥栖側からタイトルのようなコメントがあった。
1点をもぎ取って守り抜くか。
失点を取り返そうとしてカウンターで沈められるか。

試合はこのコメントどおりの運びになった。


■前半の布陣

    佐藤寿
   高萩  柏木
服部       森脇
   森崎浩 高柳
森崎和 ストヤノフ 槙野
    佐藤昭

湘南戦と同様、最近の相手が引いてくることを想定した布陣。
DF3人のうち、一人が前に出て攻撃に参加するパターン。
普段と違うのはアオ→高柳、森脇→ハンジェの部分
若手を起用すると宣言したわりにはあまり変わらなかった。


■これが決定力の差か
とにかく運動量がすべて。前半は少なかったし、連動性もなかった。(略) もっと前半から(高柳)一誠を動かしてやれば、よかったと思う。僕が中途半端なポジションをとったり、声もあまり、かけてやることができなかった。(森崎浩司)
前半、ギアの上がらないサンフに鳥栖が襲い掛かる。
前線からのプレスをかけ、パスコースを限定することで、サンフ得意のパスワークを着実に封じていく。
次第にいつもの流れるようなパスが影を消していき、ロングボールからの一発を狙ったパスが増えていく。

一方の鳥栖も攻め切れてるわけではない。しかし、前半20分過ぎからは次第にボールを回す時間が長くなってくる。
コーナーキックからフリーでヘディングを飛ばす惜しいシーンもあり、得点するのも時間の問題かと思われた。
特に前半38分のプレーなどは、まさにそう。
左サイドから攻めあがる廣瀬へのパスを浩司がカットしようとするがミス。
本来なら槙野が廣瀬を抑えるべきだが、槙野は攻撃に参加しており駒が足りない。
ストヤノフは仕方なくマークの対象を野崎から廣瀬へ切り替える。
廣瀬は野崎へのマークが離れたのを見逃さず、ゴール前のスペースへパス。
野崎は決めるだけだったが、シュートは無常にも枠から外れてしまう。
その後、それほどの決定機もなく試合は後半を迎える。

このワンプレーが鳥栖に重くのしかかる。


■後半の布陣

    佐藤寿
   高萩  森崎浩
服部       楽山
   森崎和 青山
槙野 ストヤノフ 森脇
    佐藤昭

後半は高柳→青山の入れ替えと、柏木OUTに伴う全体の調整。
こちらがサンフ本来のフォーメーション。


■青山の頑張り、森脇の復帰弾
今日の試合で明白になったことは、青山の存在の大きさだ。彼の走る量は、他の選手の3人分はある。(ペトロビッチ)
後半に高柳、柏木を外してからはサンフ本来の攻撃力を取り戻す。
一誠が悪いわけじゃないが、アオの運動量にはかなわない。
最終ラインがパ相手を探していれば下がってパスを受け、
前線に人数が足りなければ積極的に空いたスペースを埋め、
前が詰まっているならミドルからゴールを狙う。

アオの動きに刺激されてか、全体の運動量が増えてくる。
そうなると、鳥栖は防戦一方。自陣に押し込まれる局面が増えてくる。
そんな中から、森脇が復帰弾とも言えるヘディングを叩き込む。
4ヶ月ぶりの復帰戦で、前半からいい動きを見せていたが、大事な局面を見事に制した。

■怒涛の波状攻撃の前に沈む
点を取られたことで、岸野監督は動くしかなくなる。
しかし、岸野監督が悩んでいる間に10分で2点をさらに追加する。
この時点で試合の大勢は決まった。
その後、清水が初先発し、憎らしいワンツーから初ゴールを決めたり、
寿人がダメ押しをしてゲーム終了。
鳥栖も寿人のゴール前に一点返したが、さすがに0-4からの一点ではどうしようもない。

一点入るまではどちらが勝ってもおかしくないゲームだったが、
決めるべきところで決められなかった鳥栖は、昇格の女神の前髪を掴み損ねた。

勝ったサンフは来週の天皇杯に向けてはずみをつけた。
来週には今年一年の成果が現れる。
是非ベストコンディションで戦ってほしい。


posted by まる at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

J2昇格 星取りシミュレーターを作ってみた

サンフは一抜けで昇格を決めたけど、他はどこが来てもおかしくない。
というわけで、星取りシミュレーターを作ってみました。

勝ち点、対戦相手をを考慮すると、山形が一歩リード。
40節の時点での平均勝率で見ると2位の山形が1.7、3位の仙台が1.6強。
8-9点が現在の勝ち点に上積みされると考えると、2位:74、3位:71が現実的なところか。

大阪、鳥栖は全勝で入れ替え戦にギリギリ手が届く。
湘南は4勝以上、仙台は3勝、山形は2勝か。
湘南は今節を落としたことで、最後の1点に泣かなければいいのだけど。

サンフとしては近い鳥栖、大阪に上がってほしいところ。
どうなることやら。
posted by まる at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。