2009年01月13日

おめでとう、皆実

今年の皆実がここまでやるとは…

皆実が初V 高校サッカー
第87回全国高校サッカー選手権大会最終日は12日、東京・国立競技場で決勝があり、皆実(広島)が鹿児島城西(鹿児島)を3―2で下し、初優勝を飾った。広島県勢としては1968年の山陽以来、41年ぶり9度目の頂点に立った。

電子号外1 電子号外2藤井監督インタビュー


組織で守る皆実が大迫に個の力で突破され、得点を取れずに負けるパターンを予想していたところを見事にひっくり返してくれた。
準決勝の鹿島学園と同様に、圧倒的な中盤の勝利。
大迫がいかに超高校級といえど、ボールを供給されなければ怖くない。というわけで、皆実は中盤を厚くしてセカンドボールを拾いまくる。拾ったあとは左サイドからの突破を狙う。左サイドの浜田は決勝のキーポイントとなっており、ここからの突破で相手の守備陣形を崩しにかかった。
前半20分は4人がかりでも大迫を止められなかった。最後はクリアしたボールを胸でトラップされて先制される。よくクリアボールを足元に落とせるもんだ。
皆実も負けてない。その3分後、左サイドからのクロスをワンタッチでファーから折り返してゴール前へ落とす。そこを走りこんできた金島がやはりワンタッチボレーで決める。ボールを左右に振って相手を崩し、ダイレクトプレーで決めるのはサンフみたいだな。
その後の前半はずっと皆実が主導権を握るものの、点が取れない展開が続く。このまま一点が遠いとカウンターが怖いな…と思ってたら、狭いスペースから二人をかわして谷本がシュート。これが決まって2-1。

後半、7番に変えて14番を投入。この14番がなぜ前半から出なかったのかというほどうまい。ゴール前付近の攻防では1対1では抑えきることができない。大迫以外にも二人がかりでないとバランスがとれないのは厳しい。案の定、14番が1対1を制し、決定的なパスを供給されて失点。
皆実はそれでも気落ちすることなく、モードを守備から攻撃に切り替える。右サイドをドリブルで駆け上がって、センターライン付近から最終ラインまで一気に運ぶ。そこから相手のサイドを一人で崩して、ゴール前へクロス。キーパーがクロスを弾こうとするものの届かない。ファーに待っていた金島が決めて3点目。そのまま試合終了まで逃げ切って初優勝を決めた。

なんといっても去年は一点も取らずにベスト8まで行ったほどの堅守のチーム。準決勝から金島が覚醒し、点が取れるようになったことが点の取れない皆実を優勝に導いた。
おめでとう、皆実。


posted by まる at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。