2009年03月14日

サンフレッチェ広島対大宮アルディージャ(プレビュー)

■プレッシングサッカー対ポゼッションサッカー
大宮は前線からの激しいプレスが持ち味。対するサンフはプレスをいなすパスサッカーで対抗と、ある意味お互いの特長を出し合っての戦いが予想される。
積極的なプレスというと、サンフサポは甲府を思い出さずにはいられない。昨シーズン、圧倒的な実力差がありながら苦手とした甲府。ここまでプレッシングサッカーと相性が悪いのかと実感したはずだ。
しかし、サンフサポであれば半端なプレスは軽くといなしてパスを繋げるシーンを何度も見たはずだ。
来週にはプレスの強い鹿島を控えていることもあり、自分たちのパスサッカーがどれだけJ1で通用するかの試金石となるはずだ。

■とはいうもののハンデ戦
実は大宮は野戦病院かと思われるくらい出場できない選手が多い。デニス・マルケスはケガで帰国、パク・ウォンジェは右膝内側側副靱帯損傷、キャプテンの小林慶行も足の故障で離脱中。ラフリッチも腰痛で出れないのでは…という噂もあり、森崎浩がいないサンフよりも状況は厳しいといえる。互いのベストを基準にした戦力の充実度はサンフのほうが上といえる。

■ミキッチの出番が待っている
ミシャ就任以来の大宮との対戦成績は2勝1敗と勝ち越している。大宮の監督も張監督に代わってはいるが、選手たちにもやりやすい意識はあるはず。「慟哭の壁」マトは確かに脅威だが、ハイボールでの突破よりもチームでの崩しを狙うサンフにとってはそこまでの脅威とならない。しかも、今節は初顔合わせとなるミキッチがいる。サイドの突破力に秀でたミキッチであれば、サイドの突破から中央の層を薄くしてくれるに違いない。そうなれば、高萩、柏木の2シャドーと裏への動きに秀でた寿人が縦横無尽にかき回せるスペースが確保でき、得点の機会が増えるに違いない。

次節はホーム開幕戦を勝利で飾り、開幕戦の勝利がマグレでなかったことを証明するだろう。


posted by まる at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。