2006年08月21日

VS大分トリニータ

駒野、青山、中里を欠いた試合。
DFをどうするのかと思いきや、森崎和を起用。
本職DFの盛田や八田ではなく、森崎和なあたりにペトロヴィッチ監督の攻撃性を感じた。

立ち上がりはサンフのペース。ペトロヴィッチ監督の目指す「人もボールも動くサッカー」ができてるカンジ。
柏木が攻守にわたって活躍し、相手ゴールを脅かす。
しかし、前半16分にサンフの中盤が弾いたボールを大分がうまくつなげて速攻。下田をあっさりかわしてゴール。
ここから少しサンフの動きが止まるが、前半の最後、寿人が抜け出しかけたところを三木が強引に止めてレッドカード。
後半に期待の持てる展開。

が、後半は惜しいチャンスはいくつもあったが、ゴールにいたらず。0-1のまま敗戦。
後半は中央突破に頼り、サイド攻撃が薄かった。また、サイドも駒野がいなかったせいで、クロスの精度を欠いていた。
駒野がいれば勝てたかもしれない試合。
駒野といえば、控えにいたところが少し映ってたけど、普段の髪型でない彼はゴエモンにソックリ(笑)。

試合内容は良かったが負けは負け。

サッカーの方向性は間違えてない。このまま進み、勝ち点をもぎ取ってもらいたいところ。


posted by まる at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。