2006年09月17日

サンフレッチェ広島対浦和レッドダイヤモンズ

現地観戦から帰宅。

周囲の予想を覆した惜しい試合。
今日のサンフは残留争いをしてるとは思えないチーム。

スタジアムは予想通り赤一色。
紫のレプユニなんてゴール裏以外でみかけなかったし。
赤一色とはいえ、観客がたくさん入ってると雰囲気が良くなる。
自然と応援にも身が入る。

前半はややレッズペース。
後半は30分ぐらいまではサンフペース。
後半30分以降は中盤の足が止まり、レッズにも流れが行くようになってしまった。
30分までにもう一点とれていれば。
ただ、30分を超えても守らず打ち合っていたのはミシャ体制の成果か。
おかげで観戦して楽しい試合だった。

ダバツと柏木が今日はキレキレ。
ダバツは守備に攻撃に大活躍。
高いし、一対一にも強いし、浦和の右サイドを押さえ込んでた。
そういえば、戸田とダバツがプレーの合間によく相談してたな。
あれは戸田が指示を出してたんだろうな。

柏木は神出鬼没の大活躍。
さっき駒野、ウェズレイと一緒に右サイドを崩してたと思ったら、次には中盤で守備してる。
目を離したら、左サイドでボールを持った選手をおっかけてるし。
柏木がピッチに二人いるんじゃないかと錯覚するぐらい。

下田は相変わらずの神クォリティ。
2点取られたシチュエーションはどちらも仕方ない。
並みのキーパーならあと1-2点取られてたろうな。

ウェズレイは相変わらずのボールキープで前線参加を促せば
青山が柏木と共に豊富な運動量でチームに貢献する。

負けはしたが来週の大宮戦に期待の持てる内容。
来週の勝利に期待しとこう。


posted by まる at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。