2006年09月21日

サンフ対アルディージャ戦

今週末は大宮アルディージャ戦。
参考までに過去の大宮との対決記録をひっぱりだしてみる。

2006 1○0
2005 2○1
   1○0
2003 2○1
   1●2
   1△1
   2○0

2004年は広島がJ1、大宮がJ2にいたので対戦なし。
2003年は広島がJ2に降格していた屈辱の年なのでJ2で対戦。

戦績だけ見ると5勝1分1敗と、前節の浦和とうってかわって非常に相性のいいチーム。

5月の大宮戦というと、望月監督のガチの守備サッカーで初勝利を挙げた試合。あの試合は凄まじかった。「勝つ」という意思に基づいた徹底的な守備。ゴール前の人数が多すぎて攻めあぐねる大宮。ロスタイム5分の悲鳴と怒号の交じり合う異様な雰囲気。そして、初勝利の喜びに何人ものサンフサポが涙した試合。自分の中でも忘れられない試合の一つ。

そういえば、大宮といえば藤本がいるが、彼は今節出場するんだろうか。怪我は直ったけどパフォーマンスがいまいちという噂も聞くし。小林大悟も同様。小林慶行、トニーニョは累積警告で欠場か。広島戦のフォーメーションをどう組むんだろう。

サンフは負けられない試合なので、残留は決まってる大宮が勝点3を置いていってくれないかな。


posted by まる at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。