2007年05月27日

サンフレッチェ広島対清水エスパルス

■さーて、本日のベンチは?
一番気になってたのが本日のベンチ。
ベンチスタートの平繁が出るとなると、控えFWの枠が一枚余る。

(1) ウェズレイが累積警告でいない
(2) 田村は怪我
(3) 上野よりはさすがに…

となるとベンチFWは俺たちの前俊でしょう。やっぱり。
わくわくしながら待ってたら、控えFWはゼロと発表が。
そうくるか。

平繁の代わりは、俺たちのおっさんことDF橋内。
DF枠なのに吉弘じゃなく橋内か。
頑張れ、前俊、吉弘。


■ひさびさの穴熊
ウェズレイ不在により攻撃のタメを作れないことと、
清水がポゼッションを重視することから、必然的に清水のボール支配率が高くなる。
清水はボールは持つが、中へ放る→はじかれる の繰り返しで、シュートまで持ち込めない。
サンフも防戦一方というわけではなく、チャンスがあればカウンターで攻めるが、
ロングパスを簡単にカットされたり、スペースに誰もいなかったりと思うように進められない。
なんか、小野監督時代の穴熊サッカーみたい。


■ミシャ仕様の攻撃
前半25分、駒野クロス → 寿人 頭で柏木の足元へ速いパス → 柏木 ダイレクトでシュート。
この流れは素晴らしかった。
少々甘いコースだったにしろ、弾いた西部のファインプレー。
ワンタッチでプレーを重要視するミシャらしい攻撃。

印象的だったのが、前半42分の清水の攻撃。
戸田のスライディングがかわされ、フェルナンジーニョにパスが通る。
フェルナンジーニョは森崎和と一対一。
森崎和をかわしてシュート、といった局面でボールをコントロールしきれず。
足元でこねてからシュート。
そのちょっとした時間のおかげで青山に間に合い、スライディングでシュートをブロック。
ワンタッチでプレイする重要さが垣間見えた。


■少しレベルが上がった?
最近イマイチなシーンの多かった森崎和。今日は浩司と共にいい調子。
前半7分の浩司の大きなクロスは、寿人がうまくさばければ一点もの。
森崎和も最近見られたボールウオッチャー傾向が減り、球際をアグレッシブに攻めていた。
その成果が前半30分、早い縦パスからの取り合いを盛田がとり損ねてからのピンチ。
岡崎が抜け出し、あわやキーパーと一対一という局面でカバー。
カバーしなければ一点ものだっただけに殊勲賞でしょう。


■あきらめない力
ヘッドで折り返した瞬間、西澤が一瞬フリーに。これを見逃さず西澤がシュート。
下田ブロック。倒れながら西澤がこぼれ球を再度シュート。弾く下田。
こぼれたボールをチョがダイレクトでシュート。
下田も構えるが、ボールは股間をすりぬけてゴールへ。
先制されて動きが悪くなるのがサンフの悪い癖の一つだけど、今日は違った。

清水が守りに入ったのを機に、火がついたようにアグレッシブに。
セカンドボールの奪取率があがり、俄然攻撃的に。
その象徴が得点につながった後半29分の戸田のミドル。
チーム全体が前へ進む意気があったから、リベロの戸田が前へ出れた。
コースを狙ったボールはゴールの左下隅に収まり、これで試合は振り出しに。

これで押せ押せモードになったサンフ。
さらに後半33分、服部のクロスから柏木のゴール右上隅を狙うシュート。
ニアにいた西部は届きようがなく、柏木の技ありというしかない、

結局、試合を通じてサンフが押していた時間はこの4分も含めて10分くらい。
60分くらいは清水が支配し、残り20分は五分五分といったところ。
勝てたのはあきらめない力と最後の一歩を寄せる守備力。
そして、数少ないチャンスをしっかり決める決定力。

3週間ほどお休みになるけど、この勢いを次節にもつないげるといいな。


■本日の余興
勝利試合の恒例となりつつある、槙野、柏木のパフォーマンス。
今回は犬マスク。矢のパフォーマンスではナビスコほど撃たれて倒れた人はいなかった模様。

次のパフォーマンスは槙野:側転→開脚。柏木:側転→バク転とみせかけて、でんぐり返り。
お前ら体操選手かよ!
こういうのはスタジアムで見たいな。



posted by まる at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。