2007年07月08日

サンフ対アントラーズ プレビュー

yamanabicup0707082_s.JPG
さて、勝ち目の薄い鹿島戦のプレビューでもやりますか。

■いないひとのおさらい。

サンフ:柏木、槙野、平繁(U-20)、寿人、駒野(A代表)
鹿島:内田(U-20)

U-20はトーナメント進出が決まったので15日の鹿島戦にも戻ってこない。
鹿島のほうが総合力が上なのに、抜けてる人が少ないってどういうこと?
いじめですか。これ。

しかも、Another HAには不吉な情報が…
この状況でウェズレイが抜けたら攻撃陣は壊滅ですがな。
ただ、攻撃力はミシャの指導により跳ね上がっているので、桑田・タムのコンビでも頑張れば一点とれそうな気配は感じる。


■スタメン予想
ウェズレイ不在で組んでみた。

     下田
 森崎和 戸田 盛田
     青山
李         服部
   高柳 森崎浩
   田村 桑田

   田代 マルキーニョス
     野沢
   本山 中後
     青木
石神 大岩 岩政 新井場
    曽ヶ端

前回の鹿島戦は新井場、内田からのクロスにボロクソにされたけど、内田不在となれば攻撃力は半減。新井場も右SBにされそう。
サンフは全員守備からのカウンター狙いになるだろうから、あまり点の入らない展開になりそう。

この形だと、左の連携は積まれてるけど、右に不安が残るから、服部、浩司、桑田の三人を基本として、相手が寄ってきたらサイドを変えてハンジェが中央に切り込む形になるのか。
ハンジェは前にいきたがるし、森崎和はクロスの対処が得意じゃないので、新井場が右にコンバートされると助かる。


■研究熱心な鹿島を崩せるか

前回の鹿島はしっかりと広島を研究し、対策をうっていた。
・サンフDF陣は最終ラインからのプレッシャーに弱い。FW陣の積極的なプレスにより高い位置でボールを奪取し、ハーフカウンターを狙う。
・遅攻の場合は右サイドからのクロス、特に寿人のようなマークを外しながらのクロスに弱い。右からのピンポイントクロスで森崎和のマークを外す。
・駒野には必ず二人がかりであたり、容易に一対一にしない。
・ドリブルによる中央突破は陽介、ウェズレイ以外はほとんどしかけない。真ん中は人数をかけてパスコースを潰せば守りやすい

ミシャのサッカーはパターン化されているので読みやすい。
他チームも似たような対策はうってくるが、中でも鹿島は徹底していた。
既に一戦した以上、お互いの手の内は理解している。
サンフがどの程度鹿島をスカウティングできているか、鹿島の対策を打ち破れるかも、勝敗のカギを握る。

一丸となって守り、勝利を手に入れて欲しい。


posted by まる at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。