2007年07月24日

U-22比率 4/29へ上昇

北京前の合宿メンバーが発表になった。

サンフからは、槙野、青山、高柳、柏木の4人が選出された。

青山は言うまでもなくU-22の中核。
彼がいないとU-22の中盤が落ち着かない。
的確なパス供給により攻撃の基点となったり、豊富な運動量でサイドから上がった選手のカバーリングをしたりと、
今回も能力を存分に発揮してほしい。

高柳は5月の選考でも選ばれてたけど怪我で辞退したけど、今回も召集。
U-20も急病で辞退していたので、まさに三度目の正直。
ベトナム戦のメンバーに残るのは難しそうだけど、献身的なプレーを見せつけて生き残ってほしい。

槙野、柏木はU-20からの抜擢。
U-22はサイドが分厚つく中が薄めな印象だったので、柏木の加入はU-22にマッチしてる。
点の取れないU-22では柏木の攻撃力は魅力的だろう。
どこにでも顔をだす機動力、中央からのドリブル突破や、
スキをついてのミドルシュート、こぼれ球の押し込みなど、サンフやU-20での活躍を北京でも見せてほしい。
ただ、使う場合は1トップ2シャドーから2トップ+トップ下にフォーメーションをいじることになりそう。

槙野にも期待してるけど、U-22でのポジション確保は難しそう。
伊野波、水本あたりを押しのけて、最終ラインを形成できるか。
U-22でも柏木とペアでの被り物を見れるものなら見てみたい。


これで、U-22のサンフ比率が4/29に上昇。
それはそれで喜ばしいけど、日程が…

●U-22日本代表今後のスケジュール

7月27日(金) 〜7月29日(日)神戸にてトレーニング
7月30日(月) 瀋陽へ移動、トレーニング
7月31日(火) 公式練習
8月1日(水) 17:00 vsU-22朝鮮民主主義人民共和国代表(瀋陽オリンピックスタジアム)


8/1は浦和戦なのにどうするのさ、とか思ってたら、
どうもサンフと浦和(細貝)は瀋陽へは連れて行かない模様。
また総力戦をやる羽目になるかとぞっとしてたので、正直助かった。

全員が召集されるなら仕事をサボってでもベトナム戦を見に行ってやるぜ。


posted by まる at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。