2007年08月26日

サンフレッチェ広島対横浜F・マリノス

試合内容はこちらで。

■新システム:3−6−1
今日はウェズレイの欠場もあり、中国新聞の予想どおりストヤノフがCB。
余った戸田がボランチにあがり、3−6−1のスタイルに変更。
これは現有戦力で最大のパフォーマンスを出す目的と、横浜FMのマークを混乱させる目的を兼ねた一石二鳥の布陣。


■駒野、しっかりしろ
前半ミシャの狙いは見事に当たり、寿人にはマークがつくが駒野への対応が遅れる。
おかげで駒野へのロングパスはよく通った。なのに本人の調子はいまいち。
フリーで上げたクロスが誰にも届かない始末。連戦疲れなのか。
今日はクロスの供給元というより、タメを作って展開するゲームメーカーな役割が多かった。


■戸田、大活躍
自サイトでもMFがやりたいと主張していた戸田。
実際にMFをやらせると主張するだけの仕事はする。

駒野の後ろに詰めて、プレスを受けた場合のパスの受け手になったり、
左右に大きく動いて、突破しそうな選手へ果敢にアタックしたり、
ボールを受けた後の精度の高い前線への配球など、
戸田のよさが目立った試合。
本人もプレーしていて気持ちよかったんじゃないかな。


■ロングボールからの崩し
ウェズレイがいないせいで、中盤のためが作れないことと、
横浜FMの中盤の早いプレスを警戒するせいか、今日はロングボールからの崩しが多かった。

前半12分、青山が出したロングボールを中澤がクリアミス。ゴール左前方へ転がるボールを寿人がゲット。
キーパーがコースを限定するべく出てきたところへ、ゴール前へ詰めていた浩司へパス。
浩司がゴールへ流し込んで先制。

前半36分のゴールにも寿人が絡む。
ロングボールを受けた左サイドから、寿人が突破に成功。PAの左手前で前を向く。
そこからファーサイドへパスを出したところを弾かれるものの、転がったボールは詰めていた陽介の前。
こぼれ球を陽介が右足で綺麗に決めて2点目。

寿人は後半ロスタイムにもキーパーと一対一でボールを受けるシーンがあったものの、
さすがに後ろを向いてのシュートは枠に飛ばなかった。

最近の課題だった2列目の得点を象徴するシーン。
相変わらずベストメンバーじゃないほうが強いのはなぜだ。


■木寺の奮闘
守護神、下田が連戦疲れで欠場のため木寺が出場。
試合で見るのは久しぶり。

一点目の失点はある意味仕方ない。
ゴール前、大島とストヤノフが競り合う。
大島がエルボーストヤノフの脳天へ叩き込む。
たまらず倒れるストヤノフ。
その間に大島はゴール前にフリーで詰め、シュートを決める。
本来カバーすべきストヤノフが倒れてれば、そりゃフリーになるわな。

二点目は、ちょっとくやしい。
田中隼磨のミドルシュートは、DFの間を抜けた形なので、
木寺から見づらかったのは事実。
でも、あと10cm手が伸ばせていれば両手ではじけていた。
そうすればゴールにならなかったのに。
危ないボールを結構防いでいただけに、二失点目は残念。

夏場の連戦ということもあり、最後は運動量が落ちてきて(浩司とか、陽介とか、駒野とか…)
足も止まりがちだったけど、連勝中、かつ苦手の横浜FM相手に引き分けとはよい結果かと。

次のFC東京、その次の横浜FC戦は勝負のかかった試合。
この2試合をしっかり勝ち取ってもらいたい。


posted by まる at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。