2007年09月01日

カギは中盤

今日は横浜FC戦。

とうとう高木監督が解任され、新しい監督がやってきたわけですが、
監督が代わって助かったと感じてます。

高木監督のままなら、穴熊を思い出すガチガチのカウンターサッカーだったでしょう。
ひたすらゴール前を守って、相手のパスミスをカウンターに持ち込む。
で、数少ないチャンスをなんとかモノにする、と。

こういうチームを破るには、一対多の局面から抜くとか、
ピンポイントクロスに点であわせて走りこんでシュートとか、
超絶ロングシュートとか、個人技でどうにかする必要があります。

または、自分たちが集中力を高く保ちミスをしないプレーを心がけ、
相手の集中力が切れた瞬間を狙って先制点を奪取。
後は相手が堪え切れずに攻めだしてきたところを仕留める。
ま、こっちのほうが常道でしょう。

ただ、先日のFC東京戦じゃないですが、集中力を保つのがサンフは苦手。
中盤の低めでパスミスを結構やらかします。
そこを狙われてカウンターからの失点というのが多い。
広島での横浜FC戦もそれでやられたようなもんだし。

今度の監督はつなぐサッカーを目指すそうです。
「つなぐサッカー」。どっかで聞いたような単語だな。

前節の清水戦のコメントもミシャとそっくり。
ということは、横浜FCも中盤からのミスが増えるはず。
お互いの中盤がどれだけミスしないか。

中盤がカギを握りそうな試合になりそうです。


posted by まる at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。