2007年12月30日

サンフレッチェ広島対ガンバ大阪

前半30秒。ストヤノフからボールを受け取る浩司。寿人と一瞬目が合う。練習でやったいつもの動き。
浩司の出したロングパスは自陣の最終ラインから一気にガンバの最終ラインの裏へ抜けた寿人へ通る。
これでGKと一対一。寿人はキーパーの頭上を越す柔かいボールを放つ。
ボールは無人のゴールへ吸い込まれ、先制。

これがすべてと言えるような試合だった。

この一点がガンバに重くのしかかった。
前半、ガンバの形が出来上がらない間に良い攻めを何度も見せ、前半38分には難しいボールを平繁が決めて2-0へ。
その直後にバレーをフリーにして失点したものの、前半は2-1で折り返す。

後半、寺田、家長、前田とガンバは次々と攻撃的な選手を送り出してきたが、サンフはカウンターを中心とした戦術に移行しており、ガンバはペナルティエリアへ容易に侵入できない。
そのまま時間だけが過ぎていき、時間稼ぎに焦れてきたロスタイム。寿人へのチェックにDF2人がつき、中央が薄くなる。
このチャンスを寿人が見逃さず、外へ逃げると思わせて、広大なスペースの空いている中央へパス。
陽介がこのパスを受け、高萩→高柳へとパス。高柳がこれを決め、3-1と突き放し、国立への切符を確実なものにした。

この時点で試合はまだ終わってなかったが、サポーターは大挙として最前列へつめかけ、勝利の喜びに震えた。


2-0からロスタイムに2-2まで追いつかれた千葉戦の悪夢があったので、今回も高柳のゴールが決まるまではハラハラもんでした。

以前に比べて格段に守備力が向上しているのは、森崎和をMFへ戻したのが原因のようです。
森崎和がDFとしての経験を積んだことで、DFラインにスムーズに吸収されるようになって、
盛田-ストヤノフ(戸田)-森崎和-槙野の4バックみたいな形になったり、
誰かが前線に上がった際のカバーリングを精力的にこなしてた。
守備面以外にも、オーバーラップするメンバーが流動的になるという効果もあり、ガンバDF陣の混乱を誘っていたようにも見えた。

鹿島が決勝の相手に決まったことで、7000万(天皇杯準優勝 5000万+Xerox 2000万)は確定です。
さあ、もう一勝して優勝賞金1億円をゲットするぞ!


posted by まる at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。