2008年03月03日

デジタル一眼レフの検討

最近スタジアムで写真を撮ることが増えてきたので、デジタル一眼レフの導入を真剣に考えてみた。
最近はデジタル一眼レフも安くなってきたみたいだし。5-10万ぐらいで買えるかな。

連続写真を撮りたいから本体はEOSの40Dがほしい。
EOSのデジタルXが秒間3.5コマ。40Dだと秒間6.5コマ。
最初からキヤノンにメーカーを限定してるのはネットの評価を考慮した結果。
昔から超音波モーターに取り組んできたキヤノンのほうがAF速度に関しては分があるそうな。

デジタルXのレンズキットだと、¥57,330、40Dのレンズキットだと¥116,800


本体は置いといて、次はレンズの選択。
スタジアムでの撮影を前提に入れると、レンズのスペックがかなり絞りこまれる。

観客席から写真を撮りたい:200mmの望遠は必須。できれば300mm。
ナイターや曇天でも撮影したい:開放F値が4は必要。2.8がおすすめ。5は論外。
素人には手ブレ補正がないと厳しい(=ISがない奴は不許可)
超音波モーターがないとレンズを活かしきれない。ないのは手ブレ補正以上に論外(=USMなしは不許可)

という条件で絞り込んでいくと、キヤノンのレンズだとこんな感じ?
EF 70-200mm F4L IS USM:¥113,898
ランクアップさせてFを2.8にすると、23万ぐらい。

三脚(or一脚)がないと話にならないから、これも買うとしてだいたい一万ぐらいか。
…えーっと。それなりのスペックがほしければ、25万ぐらいないとお話にならないのね。
なかなか奥深く、恐ろしい世界だということを実感。

さてどうしたものか…


posted by まる at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。