2008年05月04日

サンフレッチェ広島対モンテディオ山形

試合の詳細はこちら

■これで3連勝
勝てて、気持ちいいです(槙野智章)
豊田、リチェーリ、宮崎らの主力がいない山形の狙いは明確だった。
「引いて守る」

前半は山形にがっちりと守備を固められ、山形のカウンターはことごとく潰すものの、決定機をほとんど作れない。サンフはいつものとおり、右サイド、左サイドと大きくサイドチェンジを繰り返しながら攻めるが、山形も人数をかけて守備しているだけあって守備の形が崩れない。サンフとしても攻撃の形を作らせず、ポゼッションを高めて相手を走り回らせることには成功したので、お互いのゲームプランどおりの展開となった。
後半になり、山形がプレスをかけるように戦術を変更。サンフも前線でまわしていたパスを捨て、少ない手数でクロスを上げる戦術に変更。山形は攻撃にシフトチェンジするべく53分から65分にかけて一気に3人の選手を交代。この作戦が運の尽きだったか、66分、レオナルドが最終ラインでこねていたボールを槙野が奪取。槙野はすぐさま平繁にパスを送り、自身は平繁がドリブルしやすいレオナルドをブロック。平繁がドリブルから放ったシュートは惜しくもキーパーに弾かれるものの、ボールはゴール正面に張っていた寿人のもとへ。寿人が冷静にゴール右隅へ決めて先制。

山形としては攻めて取り返したいところだったが、宮崎がいないと前線でドリブル仕掛けられる選手が北村しかいない。北村はサイドにもっていってコーナーやスローインを取っていたが、その北村も既にいない。高いボールを前線に配球してもサンフのCB陣にことごとく弾き返される。坂井も期待されていたパフォーマンスを発揮できず、山形はシュート2本、どちらも枠外のミドルシュートしか撃てなかった。
それどころか、ハンジェのシュートがキーパー正面に飛んだり、中央で張っていたユキッチがフリーでもらったシュートを外すなど決定力の低さに助けられたフシがあった。

■相手の戦術を打ち砕いての勝利
相手は、ウチに対して何かしら対策をとってくる、それに対して、こちらがしっかりと対応して、結果を出していければいい。こういう戦術で闘われると勝てないというのであれば、シーズンを通して戦うことは難しくなる(佐藤寿人)
キーマンは高萩、森崎浩の2シャドー。2シャドーは2ボランチでケアをする。決定力を持つ寿人には4バックの2人がかりでマーク。
J2最強クラスの攻撃力を持つサンフに対して意図的に守備的な戦術をとる。
今までの対戦相手はストヤノフからのロングパスがポイントとみて、前線から積極的なプレスをかけてきた。しかし、甲府以外はプレスの裏を狙ったプレーに失点を重ねてきた。
その反省とチームの現状を考えて山形は勝ち点1を狙ったゲームプランを立ててきた。
プランどおりに勝ち点1を奪われてしまうと、他のチームも第2クール以降はこの戦術を取ってくる可能性が高い。降格のないJ2なら勝ち点3を狙って負けるより、強豪相手に勝ち点1を稼ぐのが正しい選択となる。
サンフとしては引いて守る戦術が通用しないことを証明しなければならなかった。

結果として、勝ち点3を奪うことで引いて守る戦術もリスクが高いことを証明してみせた。
得点以外にも決定機を何本か作ることで、このデキが偶然ではなく下手すると大量失点につながると他チームに警告を与えた。
寿人のいうとおり、苦手な戦術がないということを証明できたことが、この試合の最大のポイントだったと思う。
次は今節お休みだった仙台。GW4連戦の最後のシメを勝利で飾ってほしい。


posted by まる at 01:39| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ソードワールド キャラクターシートCGI ver0.12
http://trpg.maruchips.net/sw/

上記のサイト消滅していますが、何かあったのですか?
Posted by 通りすがり at 2008年06月27日 11:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。